面接試験対策!

面接試験対策

面接試験に備え、面接試験での注意事項をあぴ~ると一緒に確認しよう!
また、面接でよくある質問例も載せているので、自分ならどう答えるかをイメージトレーニングしておこう。

面接会場でのマナー

会場には
指定時刻の10分~15分前に到着
遅刻したり、ギリギリで到着したりするのは、当然NG。だからと言って、あまりに早すぎる訪問も迷惑。会場には、だいたい10分~15分前に到着するようにしよう。不測の事態に備え、当日は、少し早めに家を出て、早めに着いたら会場近くのコンビニやカフェなどで時間を調整するといいね。
会場に入る前に
身だしなみの再チェックを
大切な場面で失敗しないための就職活動マナー 身だしなみ編」でも触れた通り、第一印象はとても重要だ。だらしない格好の人、不潔な印象の人を見て、「この学生は仕事ができそうだ!」と感じる面接官は、まずいないだろう。出かける前はもちろんのこと、会場に入る前にもスーツや髪型に乱れがないかチェックしておこうね。
携帯電話は
マナーモードに設定しておく
面接中に携帯電話が鳴る…なんてことにならないよう、携帯電話は、マナーモードに設定しておこう。静かな室内では、振動音も意外に大きく響くので、バイブレーション機能もオフにしておいてね。万が一、面接中に携帯電話が鳴ってしまった場合は、すぐに電源を切り、面接官に「申し訳ございません」と謝ろう。
元気よく、ハキハキと挨拶する
会場に着いたら、受付で学校名と氏名、訪問目的を言おう。自信なさげにボソボソ言ったり、緊張感なくダラダラ言ったりせず、明るい表情でハキハキと伝えようね。また、会場内で会う人には、必ず挨拶をするようにしよう。こういった面接以外の場面での態度も評価対象にしている企業がある。常に見られていることを意識し、行動しよう。
きびきびした動作で、
礼儀正しく振る舞う
面接の部屋に入室する際は、扉を3回ノックし、中にいる面接官から「どうぞ」と入室を促されてから入ろう。入室時は、「失礼します」と言って、お辞儀も忘れずに。きびきびと行動しよう。着席は、面接官から着席するよう言われてから。間違っても自分から座らないようにね。また、椅子には、やや浅めに腰掛け、背筋を伸ばして座ろう。
正しい言葉遣いを心掛ける
尊敬語は、相手を高め、相手に敬意を表す言葉。謙譲語は、自分がへりくだることで相手に敬意を表す言葉。丁寧語は、丁寧な表現をすることで相手に敬意を表す言葉。これらを正しく使い分けようにしよう。また、一人称にも注意。性別にかかわらず「わたくし」と表現しよう。なお、ビジネスシーンでは、「僕」や「自分」といった一人称は、使用しない。男性は、特に注意しよう。

受け答えの注意

結論ファーストで簡潔に話す
質問に回答する際は、結論から話し始めること。理由やエピソードなど具体的な話しは、結論の後に話すようにしよう。また、ダラダラ長い回答は、話しの要旨が伝わりにくいうえ、面接官が途中で退屈してしまう可能性がある。回答は、できるだけ簡潔にまとめよう。
回答を丸暗記しない
面接の前に「こう聞かれたら、こう答える!」というイメージトレーニングをすることは、大切。でも、回答の丸暗記はやめよう。暗記した内容を思い出そうとする表情や感情のこもらない不自然な話し方で、すぐに暗記したと見破られる。また、予想外の質問をされたとき、パニックに陥る可能性もある。事前のイメージトレーニングでは、暗記ではなく、キーワードの整理や話しの組み立てを行なう訓練に重点を置こう。
ネガティブな発言はしない
「○○は苦手なのですが…」とか、「今は勉強不足なので難しいですが…」、「私のようなものが…」など、ネガティブな発言は控えよう。謙遜しているつもりなのかも知れないけど、へりくだり過ぎは、NG。面接は、自分のよいところを見せる場だから、マイナスの印象を持たれる発言はやめようね。
調子に乗り過ぎない
上のネガティブな発言とは逆のパターン。自信があるのはもちろんいいことなんだけど、調子に乗り過ぎないこと。目立とうと質問とは関係のないパフォーマンスをしたり、付け焼刃の知識を面接官にひけらかしたりしないように。また、過度な誇張も禁物。面接だからよく見せたいと思うのは当然なんだけど、あまりに話しを誇張すると、深く突っ込まれたときにごまかしがきかなくなる。注意してね。
抽象的な話しをしない
志望動機でよく聞くのが、「○○な社風に惹かれて」という言葉。例えば、アットホームな社風や若手が活躍できる社風なんて、今日日めずらしくもない。面接官は、「それだけの理由なら、うちの会社じゃなくてもいいんじゃない?」と思うだろうね。それらしく聞こえるけど、具体性に欠け、フワフワとした印象を受ける。また、「社会貢献できる」や「グローバルに活躍できる」などといった言葉もカッコいいけど、具体的な話しができないと、上記同様、面接官の心には響かない。その企業は他社と比べてどうか、自分はその企業でどういう活躍ができるのか、といった具体性のある話しをしようね。
「以上です」で締めくくる
話し終わったら、必ず「以上です」と締めくくろう。面接官は、どのタイミングで話しが終わったのか分からない。面接官から「え?終わったんですか?」などと言われ、気まずい空気にならないよう、話し終えたら「以上です」と相手に終了の合図を送ろう。

面接の質問例と対策

志望動機を教えてください
ぼんやりとしたイメージではなく、同業他社との違いや、その企業の商品・技術・サービスにどんな魅力があるのかなどを具体的に話せるようしておこう。
自己PRをしてください
単に長所をアピールするだけではなく、それが実際に仕事のどのようなシーンで生かせるのかも含め、答えられるようにしておこう。
わが社で
どのような仕事がしたいですか
もちろん、「営業がしたいです!」とか「商品開発をやりたいです!」といった回答だけでは、NG。営業になって何がしたいのか、商品開発でどのような商品を作りたいのかまで話せるようにしておこう。
挫折した経験を教えてください
面接官は、挫折した話しや失敗談を聞きたいわけではない。面接官が聞きたいのは、それをどう乗り越えたのかという点。挫折した話しや失敗談だけを話して、肝心のそれを乗り越えたエピソードを伝え忘れないようにね。
最近、
気になるニュースはありますか
その企業やその企業が属する業界に関連するニュースを挙げ、それに対する自分の考えを答えるようにしよう。ちなみに政治や宗教絡みのニュースは、厳禁だよ。
当社以外に
受験している会社はありますか
その企業しか受験していないというのは、不自然だし、面接官も分かっていて聞いている。だから、他社も受験していることは答えてもOKだよ。ただし、聞かれてもいないのに具体的な社名や進行状況までベラベラしゃべらないこと。
内定を出したら
わが社に来てくれますか
「いえ、御社は第二志望なので…」なんてことは、たとえ本心であっても絶対に言わないようにね。まさかまったく興味のない企業の面接に来ているわけがないだろうから、ここでは自信を持って「入社したいと思っています」と答えよう。
最後に何か質問はありますか
「何もありません」では、まずいね。だからと言って、何でも質問すればいいというものではない。給与や福利厚生についてあけすけに聞いたり、会社案内やホーム―ページを見れば分かることを聞いたりするのは、NG。意欲を感じさせるもので、仕事に関する具体的な質問をするのがベストだね。