就ナビ内定者体験記 「就ナビ」を活用して、内定を獲得した先輩の就活体験記を大公開!!あなたの就活の参考にしてくださいね。

石田 みなほ さん
岡山大学石田 みなほ さん
全日本空輸株式会社(ANA)
全国で就活!(おもに東京、大阪、名古屋)
平岡 優花 さん
中国学園大学平岡 優花 さん
西日本フード株式会社
全国で就活!
金谷 健太 さん
岡山商科大学金谷 健太 さん
コムパス株式会社
岡山で就活!
石田 みなほ さん
全国で就活(おもに東京、大阪、名古屋)

岡山大学/石田 みなほ さん

  1. 内定先/全日本空輸株式会社(ANA)
  2. 就活の軸/\楜匐箸任△襪海函´非日常空間であること 社風が自分に合っていること
  3. 志望業界/航空、ホテル、食品、小売
  4. 個別会社説明会に参加した社数/18社
  5. エントリーをした社数/50社

就職活動のスケジュール

大学3年生
8月

就活を意識。就ナビのイベントに参加しはじめる。

10月〜2月

インターンシップへの参加。2月には企業研究と、エントリーシートに記入する自己PR・学生時代に頑張ったことの作成も行う。

3月

合同会社説明会・個別会社説明会への参加。

大学4年生
4月

個別会社説明会への参加。エントリーシート作成。選考スタート。それとともに、選考を受ける企業の企業研究を行う。

5月

企業研究、企業セミナー・選考への参加。

6月

企業研究、選考への参加。

7月前半

内定。内定
入社を決めた理由
社風に惹かれたからです。私は「就活生を大切にする企業=社員も大切にする企業」であると考え、就活生に対する企業さんの対応を重点的に見ていました。全日本空輸さんは面接の前後に社員さんが就活生一人ひとりに寄り添い、安心するようなお言葉をかけてくださったりと、就活生に対する配慮が素晴らしく、「ここしかない!」と思い入社を決めました。また、職種や業界が長年の憧れだったことも決め手の一つになりました。
選考対策で工夫したこと
企業研究ノートをつくり、選考を受ける企業の研究を徹底して行うことです。面接を受ける日には、その企業が現在どのような事業を行っていて、今後どのような方向性で物事を進めていくかということを必ず頭に入れるようにしていました。そしてそれを行うにあたり、自分はどのように貢献できるのか?ということを面接でお話しするようにしていました。
「就ナビ」のココが良かった!
就活生一人ひとりに対する対応が丁寧なところ! ガイダンス後に座談会を開き、悩みがなくなるまでとことん話を聞いてくださったり、個人的に面接対策やエントリーシートの添削指導をしてくださったりと、とにかく一人ひとりの就活生を大切にしてくださりました。私自身も就ナビの皆さまには大変お世話になりました。
就活生へのメッセージ
就活はもちろん大変なこともたくさんありますが、全国に就活仲間をつくったり、様々な価値観をもった社会人の方とお話ししたりと、就活生ならではの楽しさもたくさんあります。就活の必勝法は何より「楽しむこと」なので、自分なりの就活の楽しみ方を見つけて頑張ってください。応援しています!

ページトップへ

平岡 優花 さん
全国で就活

中国学園大学/平岡 優花 さん

  1. 内定先/西日本フード株式会社
  2. 就活の軸/自分自身が大好きと思えるものが多いところ。
  3. 志望業界/食品メーカー
  4. 個別会社説明会に参加した社数/16社
  5. エントリーをした社数/30社

就職活動のスケジュール

大学3年生
5月

就職活動を意識し始める。

大学4年生
8月

「就ナビ キャリアゼミ」に参加。

9月

インターンシップに参加(2週間)

11月

グループディスカッション対策のセミナーに参加。

12月

SPI対策、エントリーシート作成、添削。

1月

企業研究

2月

自己分析、自己PR作成。企業イベント参加。

3月

エントリー開始。合説、個別会社説明会、エントリーシートの作成。
選考開始。

4月

web試験、エントリーシート、個別会社説明会、面接

5月

グループディスカッション選考、面接

6月

面接・内定→就活終了!内定
入社を決めた理由
入社を決めた理由は3つあります。1つ目は、事業内容です。他の会社と悩んだとき、本当に自分がやりたいことは何かと考え、一番興味のある事業内容や制度があり、働いているイメージができました。2つ目は、面接や説明会を通して、人事や社長の方々と話をして、社風が合っていると感じたからです。3つ目は、自分が成長していける環境だと感じたからです。
選考対策で工夫したこと
企業研究は、日本経済新聞や業界地図などを使って他社と比較しながら深めていきました。また、商品を実際に売り場で見て、どのような売り方をしているのかを研究しました。面接では、自分らしさが出るように、明るく自然体で、面接官との会話を楽しむよう心掛けました。エントリーシートでは、見出しを作り、箇条書きにすることで、わかりやすく簡潔にまとめるように気をつけました。さらに、エントリーシートに全て書くのではなく、面接官がもっと聞きたいと思える程度に留めておくように工夫しました。
「就ナビ」のココが良かった!
様々なイベントを早い段階から開催しているので、自分の現状に合わせた対策を行うことができました。イベント後の相談会などで、話を聞いてアドバイスをもらえるので良かったです。面接練習や、エントリーシートの相談や添削もしてしていただいたので、とても助かりました。イベントを通して、就職仲間とも出会うことができ、就職活動中もとても心強かったです。
就活生へのメッセージ
様々なイベントを通して、早くから社会人と話すことに慣れておくといいと思います。県外志望なら、解禁前のイベントなどを利用し、何度も足を運ぶことで土地勘が身につくので、スタートしてからの安心感があって緊張せずに活動ができると思います。就職活動は不安もあるけれど、多くの会社、社会人と触れ合える機会はこの1年間だけ。だからこそ、志望業界と関連する業界の説明会に参加することで、より企業研究を深めることができるし、社会人になってからのいい勉強にもなると思います。就活仲間と一緒に、励まし合いながら、全力で就職活動を楽しんでもらいたいです!!

ページトップへ

金谷 健太 さん
岡山で就活

岡山商科大学/金谷 健太 さん

  1. 内定先/コムパス株式会社
  2. 就活の軸/営業を中心に販売など対人の企業を探していました。
  3. 志望業界/通信
  4. 個別会社説明会に参加した社数/9社
  5. エントリーをした社数/7社

就職活動のスケジュール

大学3年生
8月

「就ナビ キャリアゼミ」などの就活セミナーに参加。

10月〜11月

就ナビの「グループワークディスカッション体験」など就活イベントに参加。

12月〜1月

企業検索し、その企業が何を求めているのかを調べる。

2月

インターシップに参加。

3月

就活開始。

大学4年生
4月

一次試験及び他社の個別会社説明会参加。

5月初旬

二次試験・最終面接。

5月中旬

内定・就活終了。内定
入社を決めた理由
インターシップと選考を通して社員や社長さんとの社内雰囲気がよく、社長さんの「この会社をもっと成長させていこう」という熱い思いが他社より伝わってきたので決めました。
選考対策で工夫したこと
合同会社説明会では質問せず、個人的に笑顔で質問しなるべく顔と名前を覚えてもらいました。また、面接などでは、緊張をほぐす為に、隣の人と少し就活についての情報交換をしていました。
「就ナビ」のココが良かった!
就ナビスタッフの方々がとても親切で、悩んでいると声をかけてくれたり、選考に落ちても一緒に悩んでくれて、次の一歩を歩ませてくれたり、全体的なサポートをしていただき、就ナビスタッフの方々にはとてもお世話になりました。
就活生へのメッセージ
正直就活は、人によっては苦しい道かもしれません。けれど挫けずにどんどん、前に進んでいってほしいです。

ページトップへ

I.N さん
岡山で就活

ノートルダム清心女子大学/I.N さん

  1. 内定先/玉島信用金庫
  2. 就活の軸/1.岡山県内の企業(転勤含む)、2.人と直接コミュニケーションをとることができる企業、3.専門知識が身につく企業
  3. 志望業界/金融業界
  4. 個別会社説明会に参加した社数/9社
  5. エントリーをした社数/30社

就職活動のスケジュール

大学3年生
2月

冬季インターンシップ参加(金融・百貨店業界)

3月

合同会社説明会・個別会社説明会(ほぼ毎日)、
少しずつ面接が開始し始める。

大学4年生
4月

1社目内定(メーカー事務)。

5月

支店訪問(金融業界)。

6月

6月1日面接開始(金融業界)。

6月中旬

金融2社から内定を頂き、就活を終了する。内定
入庫を決めた理由
私は22年間岡山で生まれ育ってきたことから、大好きな地元を離れたくないという想いがありました。そこで、地元貢献ができる企業を自分の目で確かめたいと思い、大学3年生の冬に信用金庫のインターンシップに参加しました。その時、職員の方から「お預かりした資金はその地域の発展のために生かされている」ことを教えて頂きました。また、業務のやりがいだけでなく、厳しさの両面もお話しして頂いたことから職員の方の誠実さも肌で感じました。同時に、お会いした職員の方のように地域のお客様に信頼される職員になりたい、と感じたので入庫を決めました。
選考対策で工夫したこと
エントリーシートで工夫したことは、2点です。1.できるだけ多くの人に自分の書いたエントリーシートを見てもらう。2.書き終えたエントリーシートを読み返して「なぜ?」を掘り返すこと。(例えば、「私は○○をして△△であると考えました。」という文章に対して、なぜ、当時の自分はこのように思ったのか、という疑問を持つ。)です。面接で工夫したことは、4点です。1.とにかく場数を踏む。2.志望動機等の聞かれそうな質問は事前準備をする。3.聞かれた質問を就活ノートに書く。4.身だしなみ、笑顔を心がけるです。面接ではどんな質問でも慌てることなく、笑顔で話すことが好印象につながると思います。
「就ナビ」のココが良かった!
私は、就ナビの皆様に出会ったからこそ多くの企業から内定を頂けたと思います。私はエントリーシートを書くことが苦手で悩んでいました。その時、就ナビの方が「メールで送ってくれたら、添削をするよ。」と言って下さったことがきっかけで何度も何度も添削して頂きました。そのおかげで全てのエントリーシートが選考に進み、本当に感謝しています。また、就ナビイベントでお会いするたびに「Iさん。元気?」とお声掛け頂き、大変嬉しかったです。企業研究、エントリーシート、面接等不安が少しでもあれば就ナビの方に不安をぶつけてください。全力で返事をしてくれ、背中を押してくれると思いますよ!!!!
就活生へのメッセージ
1年前の自分は就活が不安でどんな業界に進みたいかすら決まっていない状態でした。しかし、就活を経験して、多くの企業や仲間、新しい自分に出会うことができました。その方法は、自分の目で見て確かめ、判断することです。インターンシップや説明会に足を運び、自分の直感に耳を傾けることも1つの手段です。その時感じた想いを是非面接官にぶつけてみてください。また、1度にたくさんの業界に触れる人生有数のチャンスだと感じます。自分の目で多くの業界や企業に出会い、就活を楽しむことができるように頑張ってください!! 応援してます‼

ページトップへ

ログイン

 Now Loading..
事務局のお知らせINFO