• 自己分析とは??
  • 何のために自己分析をする
  • 自己分析の方法
  • 自己分析をする際に気を付けること

自己分析とは?

自己分析とは、簡単に言うと、自分自身、そして自分の将来について考えること。仕事を探すうえで、自分自身の適性や価値観を知っておくことはとても大切なんだ。自分はどういう性格なのか。自分はどんなことが得意なのか。自分はどのような組織で働きたいと思うのか。自分は仕事と私生活とのバランスをどう考えるのか。といったことを自分なりに考えたり、周りの人に聞いたりし、それを整理することが自己分析なんだ。

何のために自己分析をするか

では、なぜ自己分析しなければならないのか?というと、大きく分けて2つ理由がある。

1つ目は、自分に合った仕事を探すため。自分の適性や価値観を無視して就職先を決めてしまうと、ミスマッチを起こし、早期離職に繋がることがある。また、やみくもに企業を探すよりも、こういったことがやりたい、こういった職場で働きたいといった指針を持って活動したほうが効率的だ。自己分析をして、自分に合う仕事を探すための方向性を見つけよう。

2つ目は、企業に自分を売り込むセールスポイントを見つけるため。採用試験は、企業に自分という商材を売り込むための場だ。しかし、自分のセールスポイントが何か分からなければ、採用試験で自分を売り込むことはできない。自分は何が得意で、どういった性格で、それをその企業のどんな場面で生かしたいのかなどをしっかりと説明できるよう、自分自身について理解しておく必要があるんだ。

自己分析の方法

まず「今までどう生きてきたのか」「これからどう生きたいのか」という点について考えてみよう。また、採用試験では、必ず、自分自身がどういう人であるかについて問われる。「自分はどういう人間か」を他人に分かりやすく説明できるように自分の情報を整理しよう。以下に具体的な方法をいくつか紹介するので、参考にしてみて。
自分史を作る
幼年期から現在に至るまでの出来事を年表にしてみよう。そしてその出来事の欄に、その時の心情や行動について細かく書き込む。大切なのは、出来事そのものではなく、その出来事が自分にどういった影響を与えたのかを理解すること。過去の経験を振り返ることで自分の行動特性や価値観が見えてくる。
自分の特徴を書きだす
まず、自分の好きなこと・嫌いなこと、自分の長所・短所、自分の得意・不得意などを項目に分け、思いつくだけノートに書き出す。そして、それらの中に共通項がないか探してみよう。さらに、なぜそう感じるのか、それがよく表れた具体的なエピソードについてもメモしておこう。
SWOT分析をする
SWOTとは、強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)・機会(Opportunities)・脅威(Threats)の頭文字を取った言葉で、SWOT分析とは、この4つをマトリクス表にして現状を分析する手法だ。強みと弱みには、それぞれ目標(例えば、ある企業に入社すること)を達成するための自分自身の強みと弱みを書き、機会には自分を取り巻く環境のうち、目標を達成するチャンスになるものを、脅威には自分を取り巻く環境のうち、目標を達成する障害になるものを書く。そして次に、強みを伸ばすためにはどうすればよいか、弱みを克服するためにはどうればよいか、機会を活用するためにはどうすればよいか、障害を回避するためにはどうすればよいかについて考えてみよう。こうすることで目標を達成するために自分が何をしなければならないかが明確になるんだ。
周りの人の意見を聞いてみる
いわゆる他己分析と呼ばれる方法。他人から自分はどう見られているのか(自分の印象)を知るため、家族や友人など親しい人にインタビューしたり、アンケートをとったりしてみよう。こうした他己分析を行なうことで、自分の思う自分像と客観的に見た自分像とのギャップが見つかったり、自分でも気づいていない特徴が新たに発見されたりする。
未来史を作る
将来の計画を年表にしてみよう。自分史は過去あった出来事を振り返ることだけど、未来史は将来の目標とそれを実現するための過程(手段)について書くもの。仕事だけでなく、プライベートの目標も設定しよう。イメージを具体的な計画に落とし込むことで、自分の価値観を探るきっかけにもなるし、取り組むべき課題が明らかになる。

自己分析をする際に気を付けること

まず知っておいて欲しいのが、自己分析にはゴールがないという点。あまりに自己分析にのめり込むと、「本当の自分とは何?」という袋小路に入ってしまう。自己分析は、あくまで「自分は将来どうありたいのか」「自分のセールスポイントは何か」を探るための手段であって、それ自体が目的ではない。自己分析に没頭して一人悶々と悩む時間があれば、企業訪問をしたり、社会人に会ったりし、実社会に触れるほうが有意義だ。ある程度の指針が見えてきたら、業界・企業研究や具体的な試験対策に時間を割くようにしよう。

次に、自己分析を行なう過程での自己嫌悪や自己否定に注意しよう。自己分析を行なっていると、短所ばかりに目が付き、「自分には長所がない…」「自分はきっと上手くいかない…」というマイナス思考に陥ってしまうことがある。こうした悪循環に陥りそうになったら、長所を伸ばす方法を考えたり、短所を長所に言い換えたり、建設的な思考に切り替える工夫をしよう。

もう一つ、自己分析ではまりがちな落とし穴として、志望企業の求める人物像に自分を無理にあてはめてしまうということがある。いくらその企業に入りたくても、自分のセールスポイントをねつ造したり、誇張したりしてはいけない。そういったウソや誇張は具体的な根拠に欠けるため、少し採用担当者が突けば、簡単にばれてしまうからだ。また、仮に採用担当者をだませたとしても、入社後にミスマッチを起こすことになるだろう。何のために自己分析をするのか、本来の目的を見失わないようにしよう。

ログイン

 Now Loading..
事務局のお知らせINFO