倉敷青果荷受組合(クラカグループ)

  • 業種:商社
  • 職種:営業系 製造・生産管理系
  • 本社所在地:岡山県倉敷市西中新田525-21
  • 資本金:4,700万円(グループ全体)
    従業員:400名(グループ全体:パート・アルバイト含む)
    売上高:2016(平成28)年12月決算:183億円(グループ全体)

Never Give Up精神で未来の流通に挑戦

倉敷青果荷受組合(クラカグループ)
小売店・外食産業用の「カット野菜」事業で大きく成長。時代に先駆けた取り組みで全国規模での青果物の仕入れと販売を展開し、着実に歩み続ける専門商社。

クラカグループは倉敷の地で創業し、80年を超えて地域の皆さまに愛され、中国・四国地域の「食」を支えて参りました。
倉敷青果荷受組合は、クラカグループの一員として、定期的な産地訪問やバイヤーとの密なコミュニケーションを図りながら、生産者と量販店、加工・業務用需要者を繋ぐコーディネーターとして青果物の流通に尽力しています。皆さまの「食」を支える企業として、新たな挑戦と致しまして、現在農業生産の分野への進出を進めています。農業生産・カット野菜の製造販売・青果物の流通をグループで一貫して行うという、新たなアグリビジネス分野に挑戦しています。

エントリー

企業データ

設立 昭和7(1932)年
資本金 4,700万円(グループ全体)
売上高 2016(平成28)年12月決算:183億円(グループ全体)
社員数 400名(グループ全体:パート・アルバイト含む)
代表者 吉田修作
経営理念 我々の取り組みの基盤にあるのは“Never Give Up”の精神。失敗を恐れず常にチャレンジする姿勢です。現状に満足せず、絶えず疑問を持ち、改革や改善を進めることを重視しています。全力で仕事に取り組む人には一丸となってバックアップする。そんな一体感が当組合にはあります。今後、海外マーケットの開拓と、さらなる業務の効率化を目指しています。未来の流通にチャレンジしてくれる力を求めています。
事業内容 ■青果物の集荷と卸売販売
国内の産地に限らず、海外からも野菜や果物を集荷し、スーパーなどの量販店を通じて新鮮な青果物を食卓にお届けしています。
■カット野菜・ホール(丸)野菜の提案・製造・販売
スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどに並ぶパッケージ(袋)サラダやカップサラダなどの消費者向けカット野菜、そして、お弁当や惣菜、飲食店などで利用される加工用・業務用カット野菜や原材料の供給を行っています。
事業所 〒710-0833 倉敷市西中新田525-21
前年度の有給休暇の平均取得日数 3.3日(2016年実績 正社員)
お問い合わせ・連絡先
連絡先名称
倉敷青果荷受組合
住所
〒710-0833 岡山県倉敷市西中新田525-21
受付電話番号
086-425-2000
受付メールアドレス
honbu@kuraka-g.com
担当者名 採用担当 浜本 光咲
携帯サイト

http://www.shunavi.jp/2018/com/?2383
外出先で・・・。ちょっとした空き時間に・・・。
ケータイで就ナビをcheck!


採用情報