知っておきたい ビジネスマナーの基礎

ここでは、就職活動での大事な場面で失敗しないための、基本的なマナーについて解説する。恥をかいてしまう前にここで基本のマナーを確認しておこう。

身だしなみ編

就職活動では、第一印象が重要。なぜなら、就活生と採用担当者が接触できる機会はごくごく限られているからだ。採用担当者は、この限られた機会の中でその就活生が自社にとって有益な人物かどうか判断しなければならない。外見は、そのための一種のフィルターだ。就職活動という大事な場面でだらしない身なりをしている人は、「非常識な人」「けじめのつけられない人」と判断され、マイナスの評価をされる。いくら優れた能力を持っていても、それを評価してもらうための土俵に上がれなければ意味がないのだ。その場にふさわしい服装をする、清潔にするなどは、難しいことではなく、気持ち次第で誰にでもできること。簡単なところでチャンスをふいにしないよう、身だしなみには常に気を配ろう。

スーツ&小物類

スーツ
色は、黒や紺が主流。柄物は避け、無地のオーソドックスなタイプを選んだほうが無難だ。ファッション性よりも、キッチリ見えるスタイルを心掛けよう。入学式や成人式のために購入したスーツが、リクルートスーツとしても活用できそうならそれでもかまわないが、もしスーツを新調する場合は、専門店のスタッフに相談しながら購入するようにしよう。その人に最も適したサイズやデザインをプロの目で選んでもらえるよ。また、スーツに合わせるネクタイやシャツなど小物類の選び方、購入後の手入れの仕方についてもアドバイスしてもらえる。
動画でcheck!スーツの選び方

男性編

女性編

シャツ/ブラウス
シャツやブラウスの色は、白が基本。セミナーや会社説明会であれば淡いブルーやピンクなどのカラーシャツでもOK。ただし、試験の際は白を着用したほうがいいね。シーンに合わせて使い分けるようにしよう。女性の場合、カットソーという選択肢もあるが、アパレルやマスコミなどファッションに対して柔軟な業界でなければ避けたほうがよい。
ネクタイ
色は赤・青・黄・緑・グレーなどが一般的。赤は情熱、青は知性、黄色はフレッシュさ、緑は協調性、グレーは落ち着いた印象を与えると言われる。自分をどう印象付けたいかで使い分けよう。また、柄は無地のほか、ストライプやチェック、ドットなど定番のものを選ぶのがベター。定番の柄でも派手なものは、避けること。デザインだけでなく、実際に着用したときの結び方にも気を付けて。ネクタイの結び方は、いくつかあるが、シンプルかつ最も簡単に結べるのがプレーンノット。結び慣れていない人は、まずはプレーンノットをマスターしよう。結び目にボリュームを持たせたい人は、ダブルノットがおすすめ。動き回ると、どうしても結び目が崩れたり、緩んだりしがち。採用担当者と会う前は、結び目もチェックしておこう。

プレーンノットの結び方

靴下/ストッキング
男性の靴下は、黒や紺、グレーでスーツよりもやや濃い色のものを選ぼう。白い靴下や柄物はNG。椅子に座るシーンが多いので、長めの丈のものを選ぶとよい。女性は、ラメや柄の入っていないベージュのストッキングがベスト。黒いストッキングやタイツは、就職活動ではふさわしくないとされる。ストッキングは、伝線したときにすぐに履き替えられるよう、予備を1足持っておくと安心。万が一、伝線してしまい、履き替えることができない場合は、透明マニキュアでの応急処置がおすすめ。透明マニキュアは、取れかけのボタンの応急処置にも使えるので、1つカバンに入れておくと重宝するよ。
シューズ/パンプス
男性は黒のビジネスシューズ、女性は黒のパンプスを購入しておけばまず間違いない。就職活動では、長時間歩いたり、立ったりすることが多く、合わない靴を履いていると靴擦れやマメなど足のトラブルの原因になる。デザイン性よりも履きやすさを重視して選ぼう。また、同じ靴を何日も履き続けると靴の傷みや、臭いや水虫のもとにもなる。2足以上購入して、1日履いた靴は1日休ませるようにしよう。履いた後は、手入れを忘れずに。どれだけ格好よくスーツを着こなしていても、足元が汚れていると台無しになる。使用後は、ブラシや布を使ってホコリを取っておこう。
コート/マフラー
コートは、黒や紺、ベージュなどシックな色合いのビジネスコートがよい。ダウンコートやフード付きのコートはカジュアル過ぎるうえ、かさばるので就職活動にはふさわしくない。マフラーもコート同様、シックなものを。なお、白っぽいコートやマフラーを着用する際は、毛羽に注意。スーツに白い毛がまみれていたら、かなり格好悪いよ。購入する際は、素材もチェックしておこう。
腕時計/アクセサリー
男女ともに、時計は、革ベルトやシルバーのステンレススチールやメタルバンドの三針時計がおすすめ。派手な色やカジュアルなデザインのものは、避けよう。スマートフォンや携帯電話で代用していて腕時計を持っていないという人もいるだろうが、会社説明会の最中や試験中にこれらをチラチラ見るわけにはいかない。この機会に買っておこう。
アクセサリー類は、男性はもちろん、女性もあまり付けないほうがよい。どうしても付けたいという場合は、できるだけシンプルで小ぶりのデザインのものを選ぶようにしよう。
バッグ
バッグは、黒色のものでシンプルなデザインのものがベスト。A4の書類が入る大きさで、書類の出し入れがしやすい間口の広いタイプがおすすめ。また、椅子の横に立てておける、自立式が便利。このほか、印鑑や履歴書など重要なものを入れて持ち歩くことが多いので、ファスナーが付いているものだと重宝する。見た目よりも機能性を重視しよう。
動画でcheck!小物類の選び方

男性編

女性編

ヘアスタイル&メイク

ヘアスタイル
男性のへアルタイルは、スッキリ爽やかに見える短髪が好印象。前髪は目にかからないよう短くするか、整髪料などでまとめ、襟足・サイドも短くさっぱりとさせよう。女性で髪の長い人は、一つにまとめるか、ハーフアップにして、顔回りをすっきりさせて。ショートヘアやボブでサイドが長い人は、お辞儀をしたときに髪が顔にかからないようヘアピンや整髪料でセットしよう。なお、ヘアピンをおでこにそってピッチリと止めてしまうと幼く見えるので注意して。男女とも、カラーは、黒がベスト。余程明るい色味でない限り、以前ほどうるさくは言われないが、中には黒髪にこだわりを持つ採用担当者もいる。地毛が茶色いといった特別な事情がなければ、黒に戻すようにしよう。
メイク
ポイントは、健康的できちんとして見えること。ファンデーションは、ナチュラルに素肌っぽく見えるよう、自分の首の色に近い色を選ぼう。ファンデーションには、パウダータイプ、リキッドタイプ、クリームタイプのものがあるので、自分の肌質やその日のコンディションに合わせて使い分けるとよい。クマやニキビが気になる人は、コンシーラーを使ってカバーし、あまり厚塗りにならないようにしよう。眉は、やや太目にふんわりと、目元はブラウンやピンクなど肌になじむ色のアイシャドウで自然に仕上げよう。囲み目メイクはキツイ印象になってしまうので、アイラインは濃くなりすぎないよう注意して。マスカラもアイラン同様、やり過ぎにならないよう注意。チークと口紅は、血色のよく見えるピンク系かオレンジ系で自分の肌に合うものを選ぶようにしよう。

持ち物

必ず持参するものリスト
ノート
立った状態でもメモしやすい、360度開閉できるリングタイプのものがおすすめ。
ペン
ペンは、消せるボールペンが便利。筆記試験の際は、鉛筆と消しゴムをお忘れなく。
印鑑
交通費が支給される場合は、必須。朱肉とセットにしてバッグの中に入れておこう。
履歴書
個別会社説明会や試験の際は、指定されていなくても念のためコピーを持参しよう。
証明写真
履歴書の写真が移動中に剥がれ落ちてしまうことも。予備を持っておくと安心だ。
地図
会場の確認や道に迷ったときのために。携帯電話やスマートフォンの地図アプリでもOK。
鏡&くし
身だしなみチェックのため、女性だけでなく男性も持っておきたい。
あると便利なものリスト
クリップボード
机がなく、立ったまま文字を書かなければならない状況では活躍間違いなし。
携帯電話・スマートフォン充電器
出先で電池切れを起こしても、これがあれば安心。
名刺
あれば採用担当者や仲良くなった就活生との連絡先の交換がスムーズに行なえる。
緊張で急に体調が悪くなることも。万が一に備え、胃腸薬や鎮痛剤を持っておこう。
ガム/タブレット菓子
エチケット用として、ミント味のものを持っておくと便利。
ウエットティッシュ
メイク直しや、スーツ・シューズが汚れたときの応急処置に使える。
制汗剤
夏は必須。冬でも暖房の効いた電車やバスの車内など、汗をかくシーンは意外に多い。
折り畳み傘
急な雨のときに活躍。500円〜1,000円程度で買えるので1つは持っておこう。
透明マニキュア
ストッキングの伝線やとれかけたボタンのひとまずの対処にとても役立つ。
カイロ
寒がりの人はぜひ。近頃は、繰り返し使える充電式カイロも数多く販売されている。

ログイン

 Now Loading..
事務局のお知らせINFO