三備ホンダ販売株式会社

  • 業種:商社
  • 職種:営業系 販売・接客系
  • 本社所在地:岡山県倉敷市平田927-1
  • 資本金:3,000万円 従業員:58名 売上高:23億3,000万円(2017年05月実績)

営業職

三備ホンダ販売株式会社
玉島店 営業主任
富谷 空さん(入社8年目)
人と接することとホンダ車が好きだったので、今の仕事に就こうと決めていました。面接で社長のホンダ車に対する熱い思いを強く感じ、顧問とF1レースの話で盛り上がり、ここなら頑張れると思い、入社しました。

お客様からの感謝の言葉。それが一番のやりがいになります。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
父親がホンダ車に乗っていて小さな頃から馴染みがありました。ホンダの影響でF1レーサーを夢見たことも。県外で接客や講師の補助など、さまざまな仕事を経験して岡山に戻ることを決めた時、仕事をするならホンダの販売会社で営業をやろうと強く思っていました。クルマの販売に向いていると思ったことと、憧れていたホンダに対して少しでも力になりたいと思ったからです。
現在の仕事内容を教えてください。
営業として新車・中古車の販売、車検・点検の案内を行うほか、販促用のDM制作、店舗のディスプレイなども手掛けます。営業ではクルマを購入いただいているお客様を訪問し、調子伺いを兼ねて新型車のキャンペーンや点検・車検の案内などを行います。子どもの成長など、家族のライフスタイルの変化に応じたクルマの提案を心掛けています。店長が不在の時はスタッフのまとめ役を担います。
この仕事のやりがいは何ですか。
クルマを購入していただいて納車の際に「ありがとう」と言っていただけた時や、新車の調子伺いをした時に「この車にしてよかったよ」と言っていただけた時に、この仕事のやりがいを感じます。何度も訪問を繰り返し、キャンペーンの案内を差し上げて、お客様との関係を築き上げ、その結果として販売に結び付き、感謝されることで苦労が報われます。その言葉を聞きたくて、お客様と永続的につながっていきたいと思います。
最も印象に残っている出来事を教えてください。
営業を始めた当初は勉強の毎日で、簡単に売れるものではありませんでした。OJTもない時に面倒見のいい先輩がいて、販売のフォローをしてくれました。その時に言われた言葉が「1台売ったら変わる」。つまり1台売れたら、調子伺いや車検などのフォローの仕事が生まれるので、クルマの営業の一連の流れが分かるということです。その先輩が玉島店の店長で、3年前に玉島店がオープンして一緒に配属になった時は縁を感じました。
9:30
店舗の掃除。
10:00
お客様の訪問。調子伺いと年末年始のあいさつ、休業日のお知らせ。
13:00
点検のクルマを引き取りに伺う。
15:00
翌日の納車の準備。車内清掃やカーナビのセットアップを行う。


お客様からの「ありがとう」の一言や「このクルマにしてよかった」と感謝されることが一番うれしいですね。その瞬間があるからこそ、お客様とつながっていたいと思います。

>>メッセージ一覧へ戻る