キミセ醤油株式会社

  • 業種:メーカー
  • 職種:営業系 事務系
  • 本社所在地:岡山県岡山市南区妹尾217
  • 資本金:1,500万円 従業員:72名(男49名・女23名) 売上高:10億5,000万円(2016年2月実績)

食品×設計

キミセ醤油株式会社
営業部 本社2課 主任
青葉 寛さん(8年目)
 説明会でいただいた醤油がきっかけです。家に帰り、卵ごはんにかけて食べましたが、あまりの美味しさに感動しました。私は知らなかったのですが、両親や祖母は美味しい醤油屋さんということを知っていました。また、会社が自宅の近くにあったことを知って親近感を持ったからです。

プレイングマネージャーとして、キミセファンを増やしたい。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
就職環境が厳しい頃だったので、業界を絞らずに地元のいろいろな会社をアタックしました。入社して頑張ればいいと思っていたので、業界にはこだわりませんでした。また、特にやりたい仕事もなかったのですが、人と話すことが好きだったので、人と人とが繋がっていける仕事をしたいと思っていました。営業職が何となくそんなイメージに近かったので選びました。
現在の仕事内容を教えてください。
岡山県南の担当地区のルート営業が主たる仕事です。既存のお客様を定期的に訪問して、醤油をはじめとした自社ブランドの商品を紹介しながらオーダーを獲得することが仕事の役割になります。また、新しいキミセファンを増やすために、飛び込みで新規顧客の開拓も積極的に行なっています。一方で、主任という立場で一つの課を任させているので、課としての売上目標の管理、部下の教育や指導もしています。
うれしい(楽しい)と感じるのは、どんな時ですか。
やはり、お客様に喜んでいただけた時がうれしいです。熱心に勧めた商品を買っていただいて、次に訪問した時に、「この間、あなたに勧めてもった醤油、本当に美味しかったわ」と、笑顔で言っていただけることがやりがいです。中には、私の顔を見るのを楽しみにして下さるお客様もいます。そんな関係を作っていけることも楽しみのひとつです。また、営業ですので目標数字を達成できた時に充実感があります。
今後の目標や夢を教えてください。
キミセ醤油は、150年の歴史を刻んできました。これは信頼の積み重ねに他なりません。会社の方針として、お客様、社員、会社の3つとも幸せになることを掲げています。お客様に喜ばれること。社員が満足して働けること。会社の業績がいいここと。私自身も、そういったことを意識して仕事と向き合いたいですね。プレイングマネージャーとして、営業の第一線で、新しいキミセファンを増やしてしていきたいです。
08:00
出社。コールセンターで前日に受けた注文のチェック、処理。
08:30
朝礼。前日の訪問活動の結果報告。社長と会長からの訓示。
09:00
担当地区での営業活動。新商品の案内。
16:00
帰社。集金の精算、注文の確認と処理。
17:15
環境整備。清掃や整理整頓など、職場の改善活動。


“親しき仲にも礼儀あり”がモットー。どんなに懇意させていただいているお客様にも、最初と最後の挨拶は、きちんとするように気をつけています。

>>メッセージ一覧へ戻る