茶屋町鉄工株式会社茶屋町鉄工株式会社

  • 業種:メーカー
  • 職種:製造・生産管理系
  • 本社所在地:岡山県岡山市北区今保48番地
  • 資本金:37百万円 従業員:34名 売上高:1,565百万円(平成27年度)
エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報

製造業(船舶・プレス部品など)×機械加工

茶屋町鉄工株式会社
大内田工場 製造課長
小林 和也さん(入社9年目)
ものづくりに興味があり、特に大型の機械を使った加工をしたいと思ったのが大きな理由です。工場見学の中で大型の部品加工ができると思ったことと、若い社員が多く、すぐに馴染めそうな感じがしたので、入社を決めました。

工場全体の加工管理を手掛けたい。いつまでも現場一筋が理想。

この業界を選んだ理由(目指した理由)を教えてください。
父が機械加工の工場を経営していて、小さい頃はたまにのぞきに行っていたんです。そうした経験から、モノづくりに興味を持ち、モノづくりが好きになって、高校生の頃には自分でバイクの修理などをするようになりました。この業界の中でも生産ラインではなく、自分でプログラムを組んで、単品をコツコツ加工する仕事に就きたいと思っていました。
現在の仕事内容を教えてください。
大型加工機のオペレーターを担当。船舶用ディーゼルや発電用エンジンのフレームといった部品の製造を行なっています。図面を見て加工方法とスケジュールを決定し、必要な工具を準備。加工とプログラム作りを並行して行ない、作業を進めます。また、リーダーとして、工程表の作成と提出、材料の管理、部下の教育などを担当しています。
仕事をするうえで心掛けていることはありますか。
部下に仕事を教える時は専門用語ばかりを使うのではなく、何かにたとえて分かりやすく説明するようにしています。また、ミスをした時は、本人が「不具合の再発防止対策」を書いて提出。6カ月後、その通りに実践できているかどうかを確認します。この方法は、同じミスを繰り返さないようにするために、私が考えて提案したものです。
これからの夢や目標を教えてく
リーダーになる目標はかなったので、これからは管理職を目指したいですね。年間、工場で手掛けているすべての加工を管理するような立場に就きたいと思っています。そのためには、現在使っているもの以外の機械の知識を修得することや、人の配置なども工場全体で見ていくことが必要になります。いつまでも加工の現場に携わっていたいですね。
8:00
現在加工中のエンジンフレームの面削りをして、穴開けを行なう。
15:10
中礼。作業者が残りの作業内容を発表。気づいた点を報告する。
15:20
削った面の仕上げ加工を行なう。
17:00
作業終了。後片付けをする。


大きな部品をコツコツ作り上げていくのが、仕事のやりがい。いつかは工場全体の加工業務を管理できる立場になりたいですね。ずっと現場に関わっているのが理想です。

>>メッセージ一覧へ戻る

エントリー エントリーはこちらから
説明会情報 説明会情報